ギブスタイル

ギブアンドギブの心構えで、あなたに喜んで頂ける様、魅力ある情報を提供するサイトです!

*

南果歩 乳がんの手術後の検査で転移なし再発率は?治療法や生存率は?

   


南果歩

 

出展:http://ure.pia.co.jp/articles/-/51889

女優の南果歩が乳がんの手術を受けました!
退院後の検査で、転移がなかった事が
分かりました!

 
良かったですね!

 
乳がんが見つかったキッカケは、
旦那の渡辺謙に早期胃がんが見つかったことを
キッカケに人間ドックを受診したところ、
初期乳がんが発見されました。

 

 
これも夫婦の絆を感じます。

 

南果歩の乳がんの治療法は、どのようなものだったのでしょうか?

 

気になったので、いろいろ調べて見ました。

 
早速、見て行きましょう^^

スポンサーリンク

南果歩 乳がんの手術後の検査で転移なし再発率は?

 

南果歩の乳がんは『ステージ1』という段階だったそうです。

 

乳がんの『ステージ1』とは、どんな状態?
乳がんはには、大きく分けてステージ0からステージ4までの

5段階あります。

 

 
乳がん『ステージ1』は、簡単に言うと

『早期乳がん』なんだそうです。

しこりの大きさが2cm(1円玉の大きさ)以下で、

わきの下のリンパ節には転移していない、

つまり乳房の外に広がっていないと思われる段階です。

南果歩の乳がんは、ステージ1で、早期発見だから

転移する確率も低かったんです。

 

 

乳がんの再発率は、ステージ1の場合、

再発率は10%以下です。

 
ちなみに

乳がんステージ0は、

乳がんが発生した乳腺の中にとどまっているもので、

極めて早期の乳がんです。

これを「非浸潤(ひしんじゅん)癌」といいます。
『引用』

ステージ2は、

2aと2bの二種類あり,

ステージ2aは、

しこりの大きさが2cm以下で、

わきの下のリンパ節への転移がある場合、

またはしこりの大きさが2~5cmで

わきの下のリンパ節への転移がない場合。

 

ステージ2bは、

しこりの大きさが2~5cmでわきの下の

リンパ節への転移がある場合。

ステージ3は、

3aと3bと3cの3種類あります。

 

ステージ3aは、

 

しこりの大きさが2cm以下で、

わきの下のリンパ節に転移があり、

しかもリンパ節がお互いがっちりと

癒着していたり周辺の組織に固定している状態、

またはわきの下のリンパ節転移がなく

胸骨の内側のリンパ節(内胸リンパ節)が

腫れている場合。
あるいはしこりの大きさが5cm以上で

わきの下あるいは胸骨の内側の

リンパ節への転移がある場合。

 

ステージ3bは、

 

しこりの大きさやわきの下の

リンパ節への転移の有無にかかわらず、

しこりが胸壁にがっちりと固定しているか、

皮膚にしこりが顔を出したり皮膚が崩れたり

皮膚がむくんでいるような状態です
炎症性乳がんもこの病期に含まれます。

 

ステージ3cは、

 

しこりの大きさにかかわらず、

わきの下のリンパ節と

胸骨の内側のリンパ節の両方に転移のある場合。
あるいは鎖骨の上下にあるリンパ節に

転移がある場合。

 

ステージ4は、

 

遠隔臓器に転移している場合です。

乳がんの転移しやすい臓器は

骨、肺、肝臓、脳などです。

 

各ステージの再発率は?

先ほどもお伝えしましたが、

南果歩の乳がんの再発率は、10%以下です。

 

ちなみに

ステージ2で再発率が、3~4割、

ステージ3以上で、再発率が5割以上と

言われています。

 

 

sponsored link

南果歩 乳がんの治療法や生存率は?

気になるのが、治療法ですよね!

 
南果歩の乳がんは、ステージ1なので

基本的な治療法になります。

 
ステージ1の場合は、

乳房の一部を切除する『乳房温存術』が

標準的な手術になります。

 

 

ちなみに

がん自体を死滅させる放射線治療なども

あります。

 

『乳房温存術』とは?

乳房温存術は、

病巣のある乳房の一部分を切除する手術で、

病期(ステージ)が0期、I期、II期の乳がんに対する標準治療です。

日本乳癌学会の全国乳がん患者登録調査報告(2007年次症例)によると、

乳房温存術は

新規乳がん患者さんの約6割に行われており、

最も多く選択されている手術方法です。

 

 

スーテジ1の標準的な手術なので、

南果歩の手術の治療法は、『乳房温存術』で

間違いないと思われます。

 

生存率は?

 

乳がんのステージ1の生存率は、

10年後の生存率が、90.60%なんだそうです。

かなり高い生存率ですね!

 

 
ですが、10年後の残り10%は、再発や転移の可能性が

あります。

 
油断は、禁物ですね!

 

定期的な検査を受けることが大切ですね!

 

まとめ

 

・南果歩 乳がんはステージ1で早期発見だったのが良かった!
・再発率は、10%以下
・治療法は、『乳房温存術』という手術
・生存率は、10年後の生存率が、90.60%とかなり高い

 

 
今後も定期的な検査をして、

 
元気な姿で、テレビに出て欲しいですね^^

スポンサーリンク

 - 女優

error: Content is protected !!