ギブスタイル

ギブアンドギブの心構えで、あなたに喜んで頂ける様、魅力ある情報を提供するサイトです!

*

鷲尾いさ子の病気はビックル病?それとも病名はALS?

   


鷲尾いさ子

出展:http://www.sanspo.com/geino/news/

 

鷲尾いさ子は、数年前から病気にかかられています。

どういう症状かというと『歩行困難』なんです。

 

その病気の病名がビックル病ではないかとと言われています。

はたまた、それとも病名はALSではないかとも!

 

気になるので、いろいろ調べてみました。
早速、見て行きましょう

 

スポンサーリンク

鷲尾いさ子の病気はビックル病?それとも病名はALS?

まずは、鷲尾いさ子のプロフィールを引用します。

本名:中村 いさ子(なかむら いさこ)

旧姓:鷲尾

生年月日:1967年4月1日(48歳)

出身地:新潟県新潟市

身長:175㎝

血液型:AB型

兄弟:姉、妹

学歴:新潟湊小学校、二葉中学校、新潟清心女子高校卒業

 

鷲尾いさ子の旦那さんは、俳優の仲村トオルです。

 

2013年4月の女性週刊誌によると、

鷲尾いさ子が数年前から難病にかかっていると公表されました。

この難病の症状は、『歩行困難』で、

病気がさらに進行していくと会話も困難になってくるそうです。
家事や育児も出来ないほどにひどくなる時もあるそうです。
旦那さんの仲村トオルの助けが必要です!

 

ネット上では、『ビックル病』ではないかと話題になっています。

 

 

ビックル病とは? どんな病気?
ビックル病という病気、病名を調べましたが、
ビックル病という名前の病気は、存在しませんでした。

誰かが作った造語ですね!

 

 

鷲尾いさ子の病状からすると、病名は、

『パーキンソン病』か『筋萎縮性側索硬化症(ALS)』という病名が近いです。

 

 

sponsored link

パーキンソン病とは? どんな病気?

50歳以降に発症することが多く、

いくつかの特徴的な症状がみられます。
手足が震える、筋肉がこわばる、

動作が遅くなる、歩きづらくなるなどで、
徐々に症状が進行し、

10数年後には寝たきりになる患者さんもいます。
有病率は、人口10万人に対し100人程度です。

 

 

 

筋萎縮性側索硬化症(ALS)とは? どんな病気?

人間の手や足、顔など、自分の思いどおりにからだを

動かすときに必要な筋肉を随意筋といい、

随意筋を支配する神経を運動ニューロンといいます。
「ニューロン」というのは「神経細胞」のことです。

運動ニューロンは、歩いたり、物を持ち上げたり、

飲み込んだりするなど、いろいろな動作をするときに、

脳の命令を筋肉に伝える役目をしています。

この運動ニューロンが侵されると、

筋肉を動かそうとする信号が伝わらなくなり、

筋肉を動かしにくくなったり、筋肉がやせ細ってきます。
ALSはこの運動ニューロンが侵される病気です。

いづれにしても、かなりの難病の様なので、
鷲尾いさ子の現在の状況が心配です。

 

まとめ

・鷲尾いさ子の病気の病名は、ビックル病では無い!
・ビックル病とは、この世に存在しない
・ビックル病という名前は、誰かが作った造語
・鷲尾いさ子の病気の病名は、『パーキンソン病』か『筋萎縮性側索硬化症(ALS)』

 

 

 

鷲尾いさ子の病気の進行が進まないように
この難病が治る薬が早く開発されるように
願うことしかできません!

 

元気になって欲しいです。

スポンサーリンク

 - 病気