ギブスタイル

ギブアンドギブの心構えで、あなたに喜んで頂ける様、魅力ある情報を提供するサイトです!

*

坂道のアポロン(映画)事故と感想を調査!曲やあらすじも!

   


映画『坂道のアポロン』が2018年の3月10日に公開されますね!

 
今回は、映画『坂道のアポロン』について

・坂道のアポロン(映画)の出演者は?

 

 
・坂道のアポロン(映画)事故と感想を調査!

 

 

・坂道のアポロン(映画)曲やあらすじも!

 

 

などについて調べて見ました!

 
早速、見て行きましょう!

坂道のアポロン(映画)の出演者は?

映画『坂道のアポロン』の監督は、三木孝浩監督です!

 

 

1974年生まれで、徳島県出身の方です!

 

 
2010年に『ソラニン』で長編映画監督デビューされています!

 

 

出演者は、
西見薫役の知念侑李さん。

 

川渕千太郎役の中川大志さん。

 

迎律子役の小松菜奈さん。

 

深堀百合香役の真野恵里菜さん。

 

桂木淳一役のディーン・フジオカさん。

 

迎勉役の中村梅雀さん。

 

出演者は、豪華なメンバーですね!

坂道のアポロン(映画)事故と感想を調査!

坂道のアポロンの撮影中に事故が発生しました!

 
その事故は、知念侑李さんが乗っていた船が事故に遭いました!

 
その事故で、知念侑李さん、中川大志さん小松菜奈さんが軽いけが負いました!

 
事故の様子は、2017年5月14日午後10時前ごろに長崎県佐世保市の黒島を出港した
海上タクシー「さくら」12トンが岸壁から
およそ100メートルの海上で港の防波堤に衝突しました!

 
これがその事故ですね!

 
乗客の女性2人がろっ骨などを折る大けがしたほか5人が軽いけがをしました。

 

 

映画撮影時の移動中での海上事故です!

 
ロケ地の長崎の佐世保での事故で、スタッフ2名が助骨の骨折などを負いました!

 
知念侑李さん、中川大志さん小松菜奈さんが軽いけが負いました!

 
この5名のケガの様子が、あまりひどい状況でなかったことが救いですね!

 

【感想】
この事故での感想は、映画『坂道のアポロン』を見ると事故でケガをしたスタッフや出演者のケガの事を思い出してしまいそうと言う感想を受けました!

 
ケガをしたスタッフや出演者も映画の場面を見ると事故の状況やケガの事などが頭のなた中に蘇って来るだろうと言う感想をもちました!

 
これが、事故の感想です。

坂道のアポロン(映画)曲やあらすじも!

映画『坂道のアポロン』で使用される曲を調べて見ました!

 

1曲目は、
ジャズの名曲「いつか王子様が(Somday My Prince Will Come)」です。

 

 

映画では、知念侑李と中川大志によってセッションされる楽曲の1曲となります!

 

 
2曲目は、
ジャズの名曲「But Not For Me」です。

 
3曲目は、
主題歌である『坂道を上って』です。

 
この主題歌は、小田和正さんが作曲の際に海を見下ろす高台にあった母校の聖光学院を思い出されたと言う思い入れのある楽曲なんだそうです!

 
どの曲もとても良い曲です!

 
映画『坂道のアポロン』のあらすじについて!

 

【あらすじ】
あらすじは、
ピアノが得意な主人公の西見薫と、ドラムが得意な不良の川渕千太郎がジャズを通じて親しくなっていく様子が描かれています!

 

 

また、千太郎の幼馴染の律子を交えた三角関係などもあり、人間関係の枠が描かれています!

 

 

その彼らの10年間の青春を描いた物語がこの映画のあらすじです!

映画『坂道のアポロン』予告編の動画

 

まとめ

今回は、『坂道のアポロン(映画)事故と感想を調査!曲やあらすじも!』などについて調べて来ました!

 

この映画は、小玉ユキによるアニメが原作です!

 

単行本は全9巻と番外編1巻あります。

 

『このマンガがすごい! 2009』オンナ編で1位を獲得した作品です!

 

第57回小学館漫画賞一般向け部門を受賞しています!

 

このアニメの実写版の映画になります!

 
映画の公開日が楽しみですね!

 
今回は、最後まで読んで頂きまして、誠にありがとうござました!

 - 映画

error: Content is protected !!