ギブスタイル

ギブアンドギブの心構えで、あなたに喜んで頂ける様、魅力ある情報を提供するサイトです!

*

得度式とは?お祝いや服装は?

   

Pocket

出展:http://blogimg.goo.ne.jp/

真宗大谷派の本山・東本願寺(京都市下京区)で

8月4日に夏恒例の臨時得度式が行われました。
この日は、

小学生が全国から集まり

大人に混じってお坊さんの

仲間入りをしたことが

話題になっています。

 

 

今回は、得度式について
・得度式とは?
・お祝いは?
・服装は?
など
調べて見ました。

 

早速、見て行きましょう

 

得度式とは?

得度式の読み方は、『とくどしき』です。

得度式とは、 仏門に入り、僧となるための儀式とされています。
師匠となる僧侶に髪の毛を剃ってもらいます。

 

 

それから、僧侶の必需品の

衣と袈裟を受け取ります。

 

 

得度式は、

宗祖・親鸞が得度した年齢にならい満9歳から得度できます。
今回の8月4日は、

参加者104人の内、58人が9歳でした。

 

得度式は、通常前日までに散髪屋などで

頭を坊主頭に丸めるため

当日の儀式は、カミソリをあてるだけの様です。

 

 

[ad#co-1]

お祝いは?

得度式のお祝いは、どうなのでしょうか?
お祝いの金額の目安は、

2万円にプラスして、

お布施1万円の

合計3万円というのが一般的なようです。

 

 

得度式のお祝いの祝儀袋の表書きは、

『お得度祝い』や『祝いお得度』と書いて

その下にフルネームを書きます。

 

 

服装は?

得度式に呼ばれ、出席するときに服装は

どんな服装で行けばよいのでしょうか?
知らべて見ました。

服装は、ダークな印象を与えるスーツが好ましいようです。
ネクタイは、白っぽい感じの物で、色柄が無い物。

 

 

まとめ

9歳から僧侶として活動するとは、

知らなかったです。
得度式には、男のほかに

女の子も出席していた様で、

女の子は、髪を丸めることなく

髪を束ねていたようです。

 

 

8月は、夏休みを利用して、

得度式に参加する人が多いようです。

勉強になりました。

 - ニュース

error: Content is protected !!