ギブスタイル

ギブアンドギブの心構えで、あなたに喜んで頂ける様、魅力ある情報を提供するサイトです!

*

今村雅弘復興相のおんぶで長靴屋が泣く?激高を記者に浴びせた理由は?

   


出展:http://www.decn.co.jp/

 

今村雅弘復興相は、

記者に対してキレてしまったり

発言を撤回して、謝罪したりと

世間を騒がせていますよね!

 

 

 

今回は、

今村雅弘復興相のことについて

いろいろ調べて見ました。
早速、見て行きましょう^^

今村雅弘復興相のおんぶで長靴屋が泣く?

今村雅弘復興相は、

2016年9月に台風の被害を受けた

岩手県岩泉町を視察しました。

 

 

その時の今村雅弘復興相の行動が

信じられない行動に出ます。

 

 

この視察の際に

今村雅弘復興相は、

自身の靴が濡れるのが嫌という理由だけで

水たまりをある事をせず、

おんぶしてもらって

水たまりを渡っていたようです。

 

 

一国の復興大臣たる者が、

被害に遭った場所で自分の靴が塗れるのが嫌で

おんぶしてもらっていたとは

あり得ませんよね!

 

 

台風の被害にあった現場を視察するのですから

長靴を持って行っていくのは

当然のことでは無いでしょうか?

 

 

この事について

さらに信じられないのは、

今村雅弘復興相の発言です。
『長靴を準備しない取り巻きも悪かった』と

発言しています。

 

 

この発言で世間から批判を浴びています

当然の事ですね!

 

 

 

今村雅弘復興相は、

自分の周りにいる職員の事を

取り巻きとしてしか見ていないかったようです。

 

 

 

このおんぶ事件で、

今村雅弘復興相の周りへの考え方が

伝わってきますよね!

 

 

これでは、長靴屋さんも泣きますよね!

 

 

長靴屋さんが可愛そうです。

 

 

激高を記者に浴びせた理由は?

今村雅弘復興相が記者に対して

激高していましたね!

 

 

これは、

今村雅弘復興相が記者会見で、

東日本大震災と福島の原発事故の

避難指示区域から逃れ来た

『自主避難者』への支援の打ち切りについて

今村雅弘復興相がこう発言しました。
『「自己責任」「裁判でも何でもやればいい」』という発言です。

 

 

その発言を記者からさらに追及されると
今村雅弘復興相がこう発言しました。
『「うるさい!」「(発言を)撤回しなさい! 出て行きなさい!」』と発言しました

これが激高です。

 

 

 

激高を記者に浴びせたのです!

 

 

一国の復興大臣たる者が!

 

 

 

その日に今村雅弘復興相は、

「感情的になってしまった。今後、冷静、適切に対応したい」と

弁明しましたが、

発言そのものは、撤回しませんでした。

 

 

謝罪しておいて、

発言をそのものを撤回しないとは・・・・

 

 

あり得ません!
ですが、4月7日の例会見で、

東京電力福島第1原発事故に伴う自主避難者の帰還を

「自己責任」とした4日の会見での発言を撤回したようです。

 

 

ですが、歯切れが悪く、

今村雅弘復興相は、

「裁判でも何でもやればいい」発言については

「一般論で述べた」と繰り返し、

撤回はしなかったようです。

 

 

歯切れが悪いですよね!

 
これでは、国民の方が、激高してしましそうです。

 
これには、

記者たちも怒りを見せていたようです。
怒った記者たちが、

詰め寄る場面も・・・

すっきりさせてほしいですよね!

 

まとめ

今村雅弘復興相のおんぶ事件や

激高を見てきました。

 

 

今村雅弘復興相は、

自分の事しか考えていないのでしょうか?

短気な人なんでしょうか?

 

 

辞任の声も上がっているようですが、

今後の今村雅弘復興相の発言に注目ですね!

 - ニュース

error: Content is protected !!