ギブスタイル

ギブアンドギブの心構えで、あなたに喜んで頂ける様、魅力ある情報を提供するサイトです!

*

浅利妙峰の本名は?公文とは?簡単味噌作りを調査!

   


出展:https://www.projectdesign.jp/

3月2日のカンブリア宮殿

【“飲む点滴”甘酒・塩こうじブームの生みの親&感動ニット】に

出演される浅利妙峰さん。
今、麹が大ブームで

美容と健康に良いらしいです。
麹を使って自宅で甘酒を作る人も増えているとか!

 

糀屋本店の社長 の浅利妙峰さんについて

調べて見ました!

 

早速、見て行きましょう^^

浅利妙峰の本名は?

糀屋本店の社長 の名前は、浅利妙峰と書いて

『あさり みょうほう』と呼びます!

 

この名前は、本名なのかが気になりました。
『みょうほう』という名前が、お坊さんの名前見たいですよね!

 

浅利妙峰さんの本名を調べて見ましたが、

明確な情報が得られませんでした。

 

 

私個人的に推測するのに
『妙峰』という名前は、

本名ではなく、源氏名なのではないかと思います。

なんだか『妙峰』という名前が、

糀屋本店の社長の名前っぽいですよね!
『麹』が売れそうな名前です !

 

浅利妙峰さんは、

1952年6月生まれの現在65歳です。

浅利妙峰さんは、

『麹』の専門店として

320年以上続く老舗の糀屋本店の長女として生まれました。
すごい長く続いている歴史あるお店なんですね!
大分県佐伯市で元禄2年(1689年)に創業されたようです!

何時代になるのか?!
この時代は、江戸時代で、元禄2年(1689年)に
松尾芭蕉が奥の細道の旅に出た年です。

 

 

浅利妙峰の旦那さんは、

婿養子に入ったそうです。

 

子供は、男の子3人と女の子2人を

育てられました。

 

公文とは?

公文とは、

公文式の学習塾の事です。

 

浅利妙峰さんは、

糀屋本店の社長のかたわら、

公文式の学習塾を経営されていたようです。
社長に公文式の経営に子育てにと

ものすごくパワフルな方ですよね!

 
浅利妙峰さんは、

レシピ本を出版されています。

 

 
これは、男の子3人と女の子2人を育てた経験を踏まえて

忙しい方でも麹を身近なものして欲しいと

という思いが込められた本の様です。

 

その本の名前は、

「サッと出来て、グッと美味しい、こうじレシピ」
いい感じの名前の本ですよね!
その他にも著書があります。

「温故知新の糀レシピ」(糀屋本店)

「ひとさじで料亭の味!魔法の糀レシピ」(講談社)

「浅利妙峰が伝えるはじめての糀料理」(西日本新聞社)

「糀屋本店の塩麹レシピ」(PHP研究所)

「旨みを醸し出す 麹のふしぎな料理力」(東京農業大学出版会)

※日本の調味料研究の第一人者である、東京農業大学の前橋健二准教授との共著。

「糀でつくる一汁三菜 イキイキごはんで適量生活」(西日本新聞社)

※管理栄養士、日本糖尿病療養指導士、病態栄養専門師の資格を持つ、

中村学園大学栄養科学部の大部正代教授との共著。

また、数々の賞を受賞されています。

2012年11月、大分合同新聞社が毎年各分野で郷土、社会の発展に貢献した人に贈る

平成24年度「大分合同新聞文化賞」を受賞。

2012年11月、平成24年度「佐伯市表彰」受賞。

2013年3月 平成24年度「大分県女性チャレンジ賞」を受賞。

2013年6月 平成25年度内閣府男女共同参画局「女性のチャレンジ賞」を受賞。

 

簡単味噌作りを調査!

簡単味噌作りを調べて見ると

糀屋本店と糀屋本店のネット通販で、

『手作り味噌セット』という商品が販売されています。
販売価格もリーズナブルです。

 
手作り味噌セット仕上約2kg【フリーザーバッグ付】

(大分県産米・大豆使用 合わせ味噌)が2160円税込みです。

 

どんな商品なのかまとめて見ると

味噌作りに要する時間は・・・

○大豆を浸すのに約10時間

○圧力鍋で炊くなら40分間弱

○ 炊いて混ぜ合わせるのに30分

○ あとは2ヶ月から6ヶ月寝かせ、
お好みでお召し上がりいただけます。

(寝かせる期間が短いほど糀の香りが強く、

長く寝かせた場合は、コクと深い味が強くなります)

 

なんだか簡単に味噌づくりが出来そうな気がしてきました。

 

まとめ

元禄2年(1689年)から続く老舗の店で

生まれ育った浅利妙峰さんの凄さが

伝わりましたか?!

 

 

やはり、カンブリア宮殿に取り上げられる方は、

凄い方ばかりですね!

 

育児に社長に公文式の塾の経営に!
目が廻るような忙しさだったのでは

無いでしょうか?

 

それで、

簡単味噌づくりが出来る商品も

生まれたんでしょうね!

 

糀屋本店は、

これからも末永く続いて行って欲しいと思いました。

 - 起業家

error: Content is protected !!