ギブスタイル

ギブアンドギブの心構えで、あなたに喜んで頂ける様、魅力ある情報を提供するサイトです!

*

曜変天目茶碗の値段がすごい?林恭介が作ったのか!価格が気になる!

   


曜変天目茶碗 値段

出展:http://www.bell.jp/

12月20日放送のなんでも鑑定団で

国宝クラスの茶碗が出品されたようです!

 

 

その名も『曜変天目茶碗』。

 
世界に3点しか実在していないと

言われていたようです!

 

 
どんな茶碗なのでしょうか?

 

早速、見て行きましょう

曜変天目茶碗の値段がすごい?

『曜変天目茶碗』の名前の由来は、
曜変と呼ばれる模様が描かれており

瑠璃色で輝きが星空の様に見える事から

『曜変天目茶碗』という

名前が付けられているようです。

 

 

 

『曜変天目茶碗』の製法も

焼くときに模様が毎回違ってくるようで

同じ模様は出来ないようです。

 
また、

製法は伝承されていないという事なので

2度と新作は出て来ないという事になりますね!

 

『曜変天目茶碗』は、

世界に4点だけしかないようですが、

そのうちの1点は、

割れてしまっています。

 

 

その割れている『曜変天目茶碗』の値段は

なんと400万円です!

 

 

 

凄過ぎますよね!
少し高級な車が買える値段です!

 

 

今回の

なんでも鑑定団では、

『曜変天目茶碗』の値段が、

5億円と言われています。

 

 

 

番組史上最高の値段ですね!

 

 

さすがは、

国宝級の茶碗ですね

 

 

林恭介が作ったのか!

 

 

林恭介さんは世界で有名な陶芸家です!
名前の漢字は、

林恭助が正式な漢字です。

林恭助

出展:http://mainichi.jp/

『曜変天目茶碗』は、林恭助が作ったのか?

 

 
林恭助さんは、

過去2001年に『曜変天目茶碗』を再現していて

実際に制作した実例があるようです。

 
『曜変天目茶碗』の再現は、

誰にも出来ず、

再現は不可能と言われていたようです。

 

 

林恭助さんが再現できたことにより

世界的に有名になりました。

 

 

林恭助さんは、

現在も国宝級の作品を再現するのに

精力を出しておられるようです。

 

まとめ

『曜変天目茶碗』は国宝級の茶碗です。

 

 

なんでも鑑定団では、

鑑定価格が5億円ということで

すごい茶碗ということが伝わってきます。
林恭助さんには、

これからも国宝級の作品を

再現して欲しいですね^^

 - ニュース

error: Content is protected !!