ギブスタイル

ギブアンドギブの心構えで、あなたに喜んで頂ける様、魅力ある情報を提供するサイトです!

*

大成建設施工の事故!博多の陥没事故の原因は?ヤシオリ作戦みたいと話題に!

      2018/06/06


大成建設 事故

出展:https://www.jsce.or.jp/

2016年11月8日の午前5時15分ごろに

博多駅前の道路が陥没した事故がありました。

 

 

陥没した穴の大きさは、

幅約27メートル、

長さ約30メートル、

深さ約15メートルです。

 

 

かなり大きな事故になっています。

 

 

博多の地盤崩落で

地下鉄工事してたの大成建設のJVらしい

という事です。
大規模な道路の陥没事故です。

 

この事故の原因が気になります。

 

早速、見て行きましょう^^

大成建設施工の事故!博多の陥没事故の原因は?

まずは、大成建設はどんな会社なのか?

 

見て行きましょう!
商号:大成建設株式会社 (英文名 TAISEI CORPORATION)

創業:1873年(明治6年)10月

設立:1917年(大正6年)12月28日

資本金:122,742,158,842円

本店:〒163-0606
東京都新宿区西新宿一丁目25番1号 新宿センタービル
電話:03(3348)1111

従業員数:8,072名(2016年3月31日現在)

 

日本のスーパーゼネコンです。
平均売上高は、1兆251億円

総資産額は。1兆2637億2200万円です、

 

 

大成建設の施工実績

「横浜ベイブリッジ」や「明石海峡大橋」などといった日本を代表する橋、

「東京都庁第一庁舎」や「横浜ランドマークタワー」などといった超高層ビル、
「中部国際空港」や「九州国立博物館」などといった公共施設等々、

施工実績を挙げればきりがないほどですが、

数多くの有名な建物の建設に関わっています。

 

博多の陥没事故の原因は?

福岡県の地下鉄七隈線延伸工事が事故原因と

されているようです。

 

 

この工事を施工しているのは、

大成建設を筆頭施工会社とするJV(共同企業体)です。

この工事の概要です。

 

▼工事概要

【工事名称】福岡市地下鉄七隈線博多駅(仮称)工区建設工事

【工事場所】福岡市博多区博多駅前2地先~博多駅中央街地先

【発注者】 福岡市

【 施工者】 大成建設・佐藤工業・森本組・三軌建設・西光建設JV

【主な工種】工事延長280m、うち山岳トンネル工法(NATM)延長196m、

削工法・アンダーピニング工法延長84m
【工期】2013年12月5日~19年3月15日
今回の地下鉄七隈線延伸工事の工法は、

 

 

『ナトム工法』といいます。

 

この施工方法は、

安全性がかなり高い工法なんだそうです。
この博多の陥没事故の事故現場の写真を見ると

道路際のビルの一部が破壊されていたり、

大きな被害がになっているようなので、

大成建設に対する損害賠償がかなり大きいのでは

無いかと思われます。

 

ヤシオリ作戦みたいと話題に!

ネット上では、

博多の陥没事故現場の状況を見て

『ヤシオリ作戦』みたいと話題になっています。

 

 

『ヤシオリ作戦』とは、

ヤシオリ作戦とは、映画「シン・ゴジラ」にて

登場する作戦の名称である。

 

劇終盤、ゴジラに対抗するため、

自衛隊と米軍、およびその協力部隊にて決行された一大作戦。
その名称の由来は劇中では語られていないが、
後述する作戦内容から、

日本神話にてヤマタノオロチを討つ際、

酔わせるために用いられた酒「八塩折之酒(やしおりのさけ)」で

あると思われる。

 

これは、大成建設の事故対応で、

陥没した現場に

コンクリートポンプ車やレッカーが

多数配備されている光景が、

『ヤシオリ作戦』の光景に見えるという事です。
ネット上の声

まとめ

今回かなり大きな事故になりました。
なによりの救いが

この事故で、
けが人や被害にあった人がいなかった事ですね!
奇跡的な出来事ですね!
今後の陥没事故の対応が

注目されますね!

 

関連記事

高島宗一郎 福岡市長は再婚して創価学会?嫁や子供どんな人

 

 - ニュース, 未分類

error: Content is protected !!