ギブスタイル

ギブアンドギブの心構えで、あなたに喜んで頂ける様、魅力ある情報を提供するサイトです!

*

大川小学校での 生存者の教師や児童の名前は?

   


 
大川小学校は、

石巻市釜谷地区の北上川河口から

約4キロメートルの川沿いに位置する

小学校です。

大川小学校では、

東日本大震災で
全校児童108人の7割に

当たる74人が亡くなり、

行方不明となりました!
大川小学校の津波訴訟で、
その遺族と石巻市、宮城県と裁判をしていて、

石巻市などに対して、

14億円2600万円余りの損害賠償を

命じられています!
この判決は、

まさに遺族の勝利です!
この大川小学校の生存者について

調べて見ました!
早速、見て行きましょう!

 

大川小学校での 生存者の教師や児童の名前?

大川小学校で、唯一生き残った教師の生存者は、

A教師です!
教師としては、

たった一人生き残った教師です!
この教師の名前を調べました!
残念ながら、

この生存者の教師の名前は、

わかりませんでした!
大川小学校の児童は、74人のうち

4人だけ生存者がいました!
その児童の生存者の一人である

名前は、只野哲也君です!
そのお父さんである只野英昭さんは、

こう語っています!
引用

「本来、最も安全な場所である筈の学校で、

子供たちはどうして
死ななければならなかったのか、

亡くなった子供に、そして、

津波を被っても生き残った哲也に

きちんとその理由を説明できないでいることの

歯がゆさと、苛立ちと、そして怒りに

悩まされ続けています。

引用
唯一生き残ったA先生は、

裏山に逃げようと発言されていたです!

唯一生き残った教師のA先生の

名前は、わかりませんでした!

 - ニュース

error: Content is protected !!